「悪ガキ」のことの論文や本を書くとしたら、どんなことを調べる?「蜃気楼」の成り立ちとかだろうか。もしくは、一個人の考え方からくる意見かな。

「悪ガキ」のことの論文や本を書くとしたら、どんなことを調べる?「蜃気楼」の成り立ちとかだろうか。もしくは、一個人の考え方からくる意見かな。

猫の尻尾作戦に意味はあるのか

↑ページの先頭へ
枠上

のめり込んで大声を出す父さんと失くしたストラップ

何か一つの好きなことを、ひたすらコツコツ続けている根気のある人に尊敬する。
ダイビングだったり、写真だったり、凄く目立たないことでも。
例年通り一回だけでも、いつもの友達と、あのホテルに滞在する!というような事も良いんじゃないかなと思う。
何でも一個の事を辞めないで続ければ必ず実用レベルまで到達することがある。
あれは、幼稚園の時、ピアノと油絵の2つを教わっていたが、続けていればよかったな。
そんな風に実感するのは、空き部屋ののはしっこにに母にプレゼントされたピアノがあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、時間ができたらもう一回学習したいと思っている。

暑い日曜の晩は散歩を
ある暑い日のこと、少年は母親からお使いを頼まれて、白菜とねぎと豚肉を買いにいく途中であった。
少年はこっそり笑った。
晩御飯はしゃぶしゃぶだ!いやっほぅ!…と。
しかし、事件は次の瞬間に起きたのである。
なんと、ズボンのポケットにしまっておいたお使いのための千円札2枚が、ないのである!
少年はお店のレジの行列に並んでいる時、まさかとは思っていたがポッケの中に手を入れて確かめてみたのだ。
そしてその時お金がないことに気付いたのである。
怒られる覚悟を決め、少年は手ぶらで家路につくことにした。
次回からは、お金はクツの中かくつ下にしまっておこう。
少年は涙をこらえつつ、そう心に決めた。
枠下 枠上

一生懸命叫ぶ妹と僕

このごろ、長編小説を精読することは少なくなったが、一時前に北方謙三版の水滸伝に熱中していた。
別な作者が書いた水滸伝を見た時は、つまらなくて、魅了されなかったが、水滸伝の北方謙三版を精読したときは、魅了され、読むのが止まらなかった。
会社の業務のなか休みや仕事が終わってからの食事中、入浴中でも読みふけって、1日一冊ずつ読んでいた。
登場人物が人間味あふれていて、男気熱い作中人物がものすごく多人数で、そういったところに夢中になっていた。

雨が上がった祝日の夜明けはお酒を
今日は、一カ月ぶりに雨が降った。
チヌ釣りの約束を妻としていたのだけれど、雷までなっているので、さすがに危なくて行けなかった。
確認したら、雨が降っていなかったので、やはり行ってみるということになったのだが、釣りに行くための道具の準備をして、行ってみたら雨が降ってきた。
またの機会にと言って釣り道具をしまった。
来週は晴れが続くみたいだ。
その時は、今度こそ行ってみよう。
またの機会に行ける日にと言って釣りざおなどをなおした。
明々後日からは雨じゃないそうだ。
なので、次こそ予定を立てて行ってみる。
枠下 枠上

目を閉じて跳ねる君と読みかけの本

そんなには、ドラマは見ないが、近頃、それでも、生きていくをかかさず視聴している。
殺人犯側の両親と妹と殺された小さな子の両親と兄達が出会ってといった話の中身で、常識的にいってありえない流れだと思う。
被害者側の家族と加害者の家族のどちらの家族も悲しい様子がえがかれている。
流れの雰囲気は非常に暗いのだけれど、しかしその分、映像はきれいな雰囲気につくられている。
花や自然の映像がとても多くて、牧歌的できれいな映像が非常に多く使われている。
今後、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

涼しい仏滅の夕方にお菓子作り
最近、明日香と麻衣子と旅行に行きました。
2人は、私の学生時代の友人で、同じ時間を共有した仲です。
しかも、力を入れていたのが国際観光と観光英語なので、観光地巡りが、大好きな生徒たちでいっぱいでした。
特に、この2人を含む、気の合う6人でさまざまな地へ旅をした思い出は大切です。
私はもともとそれほど友達が多い方でもないし、しかも十分だと考えています。
だから、とても喜んだけれど、横で麻衣子が満足しているような顔をしてくれたのもポイントでした。
枠下 枠上

ゆったりとお喋りする先生と気の抜けたコーラ

とある夏の日の朝。
少年は外で、蟻の行列が虫の死体を運んでいるところを観察していた。
蟻たちはがんばって動き回っているのだが、虫の死体一つでこんなに大勢のアリがいても、意味が無いんじゃないのかと、少年は疑問を抱いた。
少年は、蟻たちを指ではじいたらどうなるかな、という欲求が湧いてきた。
だが、今日は何もせず観察し続けることにした。
とても暑い日だったので、少年の汗が頬を伝い、雫となって地面に落ちた。

息もつかさずダンスするあの人とアスファルトの匂い
息子がマルモダンスを一生懸命踊っている。
教えたわけではないけれど、2歳なのに頑張ってまねしている。
テレビの中でマルモダンスのメロディが聞こえると、録画映像を見たがって泣く。
映像を流すと止まることなくずっと見続けている。
父親だから、テレビの映像を見ているよりは絵本を読んだり、おもちゃなどで遊んだりするほうがいいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、絵本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら絶対に巣立っていくものだから、今のうちにいっしょに遊んでおくのも私の為でもある。
枠下 枠上

怒って熱弁する彼女と霧

江國香織さんの物語に出てくるヒロインは、陰と陽を潜めていると思う。
旦那さん以外との恋愛を悪としない。
けれど、運命的に好きなのは別のただ一人。
なんて女性が多いような気がします。
不貞行為を陰だとしてみると、本命は陽。
突然別の自分が入ったように陰が登場する。
旦那意外との恋愛に関する善悪の定義は無視して、そのストーリーの登場人物を見つめる。
自分の中に新たな愛や見解が登場することもある。

悲しそうに歌うあいつと夕立
このごろ、お腹周りのぶよぶよとした脂肪を筋肉にと考え毎晩、筋トレをしている。
自分の娘を自らのお腹にのせて数を数えながら腹筋をしたら、家族とのふれあいにもなるし、子供も一から数を覚えるし、自分の横腹の脂肪も落ちるし、良いことばかりだと思っていたら、始めは、真似して数を言っていた子供も嫌になったのかやらなくなってしまった。
枠下 枠上

関連サイト&お役立ちサイト紹介です。


格安引越屋
お得に引越しする最善策は、無料の一括見積もりで価格比較することから始まる。ファミリーの引越でも、一番安いところを見極める。
枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2015 猫の尻尾作戦に意味はあるのか All rights reserved.