生きていく上で、「娘」のポジションってどうなんだろう。興味無いって言えるだろうか。「麻婆豆腐」は、アナタにとってはどんな意味があるんだろう。

生きていく上で、「娘」のポジションってどうなんだろう。興味無いって言えるだろうか。「麻婆豆腐」は、アナタにとってはどんな意味があるんだろう。

猫の尻尾作戦に意味はあるのか

↑ページの先頭へ
枠上

涼しい休日の午前は冷酒を

寝る前に、サッポロビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近はそのあとにワインを飲んでしまう。
もちろん、翌日に外に出かける仕事をしないときに限るけれど。
実家を出ていた時に、マンションの近くでワインショップを発見して、父の日のために購入したことがある。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円のワインを探しています」などと話して。
実家にプレゼントした、そのワインが1万円ほどしたことを耐え切れずに言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
その他の感想はないようだった。
このことから、あまりワインの質にこだわらなくなった。
楽しい!と思える時間の友だったら、お金や質にはこだわる必要は、今のところない。

前のめりで話す君と俺
今日の夕食は一家そろって外食なので、少年は行く前から気分はウキウキだった。
何を食べようかな、と夜が待ち遠しくて、いろいろと思いを巡らしていた。
パスタやオムライス、ギョーザやシュウマイ、なんてメニュー表には何が載っているのかと想像していた。
行くのは先日オープンしたファミリーレストランだ。
お父さんが運転している車はもうじき目的地に着く頃だ。
お母さんは助手席でお父さんとお喋りしている。
お姉さんは少年の横で、携帯電話をいじっている。
少年は車から飛び降りると、ドキドキしながら店の入り口を開いて家族を待った。
枠下 枠上

無我夢中でダンスする兄弟と電子レンジ

いつも、なるべく無地のファッションが好きな私は、かなり驚かれるけれど。
コルセットや靴や時計まで揃っていて、ラインで使いたいと思えば破産しそうだ。
でも、ファッションはやめられない。

汗をたらして踊る子供と読みかけの本
ずっと昔の学生時代、見た映画が、ビフォアサンライズといって、日本名は恋人までのディスタンスという。
母に、「良い映画だよ」と勧められた作品だ。
電車で居合わせたアメリカ出身の、イーサン・ホーク演じるジェシーと、フランス出身の、ジュディー・デルピー演じるセリーヌはほんの少しウィーンを歩き回る話。
この話の構成の珍しい部分は、これだ!というハプニングとか盛り上がりとか、ほとんど無いところ。
会ってすぐというこの2人は、恋愛観や世間に関してひたすら語り合う。
まだ15歳の私は、実に子どもで、退屈しながら観賞した作品だった。
実は、この前、偶然レンタルビデオ店で見つけ、これはあの時のと思い借りて、観賞したところひたすら感動してしまったのだ。
中でも、レコード屋でKATH BLOOMのCOME HEREを聞きながら、視線を投げあってしまう部分。
ジェシーとセリーヌの帰国の際、要は、お別れの時、そこでクライマックスを迎える。
その時はわからなかったこのシネマ、期間をおいて見てみると、ちょっと違う見方ができると思う。
その後、ケイス・ブルームのALBUMを、AMAZONより探し出して聞きたい。
枠下 枠上

熱中して体操する彼女と電子レンジ

オフィスで着るジャケットを購入しに来た。
コムサでモードなどフォーマルなところも良いけれど、ギャルショップも有りだと思う。
若くて活発な女物の服屋でラインが強調される製品が多い。
値段はショップによって違いがあるのはもちろんだが、大体は安め。
中で、製品を探していたが、小さめの物が多く置かれていた。
着用後、なんとなく都会的に見える気もする。
良い感じのスーツ購入ができて、とってもうれしかった。

のめり込んで泳ぐあの人とわたし
鹿児島市に引っ越してみて、墓に連日、お花をなさっている主婦が大勢なということに驚嘆した。
老齢の女の人は、日ごとに、墓に切り花をあげていないと、近辺の主婦の目が引っかかるらしい。
毎日、菊をやっているから、毎月のお花代もめちゃめちゃ大変らしい。
毎日、周りの少しお歳の女の人は霊前に集まって弔花をあげながら、会話もしていて、墓前の湿っぽい空気はなく、まるで、人が集う公園のように陽気な雰囲気だ。
枠下 枠上

涼しい週末の朝はカクテルを

一人旅でも仕事としてでも、韓国に行く機会が多い。
縁が深いのは、港町であるプサン。
観光ももちろんだが、女の人はスキンケア商品や小物など興味がある人も多いだろう。
韓国人は外見へのこだわり、つまり自分を磨くことに関しての情熱は素晴らしいといわれる。
転職や、パートナー選びの際に、日本よりもあからさまに判断されるシチュエーションが多々ある。
自然と、韓国で販売されるコスメは、成分が日本製より多く含まれている。
なので、合う合わないは出てくるものの、結果は期待してもいいだろう。

悲しそうに大声を出す母さんと冷たい雨
家の前の庭でハンモックに揺られ、気持ちよい風に身を任せていた、休日の午後の事。
頭上には少し気の早い月が瞬いていた。少年は、家の猫が「ニャギャァッ!」という凄まじい声に驚き、ハンモックから下に落下してしまった。
目を凝らして見てみると、猫は蛇と対面し、歯をむき出して唸りながら威嚇していた。
蛇はあまり大きいものではなく、毒も持っていないっぽかったので、少年は小枝を振って追っ払い、ネコを抱きかかえて再度ハンモックに寝転がった。
少年は、猫の頭を撫でながら胸の上で寝かせ、気持ち良さそうに寝入るネコを見つめた。
枠下 枠上

涼しい月曜の夜明けに焼酎を

少し前の猛暑、ガンガン冷やした部屋の中で冷たいドリンクばかり摂取していた。
私は外に出ると熱中症にかかっていたので、水分を取り入れることが必要だと思いついたから。
冷房の効いた部屋で、カーディガンもなし、それにレモンティーにアイスコーヒーなどなど。
なので、快適に過ごせたと実感していた猛暑対策。
夏が終わり、次の冬、前年度よりもひどく震えを感じることが多くなった。
外で過ごす業務が多かったこともあるが、寒すぎてコンビニへすら出れないという状態。
なので、おそらく、猛暑の中の生活は冬の冷えにもつながると思っている。
多く栄養を摂取し、偏りのない食生活を心がけるのが懸命だと思う。

そよ風の吹く金曜の午後は目を閉じて
布団に入ってそれでも、眠れないことがあれば、新作映画を集中して見るのが楽しみ。
先日観賞した映画は、エスターというタイトルの米国の作品だ。
ヒロインの、エスターは、しっかりしているけれど少々クレイジーな子ども。
エンドには予想もつかない結果が待っている。
それは見る経過で、結果が予想できる人がいるか不思議なくらい予想外の事実。
まさに、ビクッとするのではなく、ただただゾッとするような結果だった。
ストーリーは、いつでも私の真夜中の時間を濃い物にしてくれる。
毎回、いつもミリンダだったりお酒だったりもお供しているので、体重が上昇するのが分かる。
枠下
枠下
枠上

サイトコンテンツ

枠下
Copyright (c) 2015 猫の尻尾作戦に意味はあるのか All rights reserved.